Endless White

とりあえずラテールとかその他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時間余ったので、たまには語りなど

こんばんは。
バトンにしても、ラテ記事にしても、家のPCでないとまともに更新出来ない物ばっかりなので更新遅れ気味という状態。

なので、たまには文章のみでラテの事書いてみようかと思ったり。



今回は、とある掲示板に書いてあったこんな項目を見たのがきっかけ

・ブレイダーって通常攻撃ばっかで地味でつまらない
・狩りが単調で飽きる

まあ、こんな事が書いてあったわけで、メインで持ってる俺視点の意見を書いてみる。
狩り方のパターンが少なくて、飽きるやらなんやらって事ですな。

とりあえず、今更ながら職業特性

・ブレイダー 
攻撃スキルという物は存在していないと言ってもいい
2刀流奥義の取得レベルにより弱攻撃の連続回数 及び その時に強攻撃を押すことにより、攻撃方法が変化する(これがスキルというべきか)
暴走スキルによる自己の能力の強化(3種あるが重複不可能)


はっきり言って、書くほどの項目はこんなもんだったりする。
拡張職であるが故に、専用武器(2刀)しか使えないので、スキル振り以外での変化は無いと言える。

こういう風に文章で書けば飽きる要素満載とも思えますね。

だけど、俺はここまで書いたブレを飽きたと思った事は、ほぼない。
正確にいえば100レベルで奥義5を覚えてからは一度も無い。

奥義5まで覚えたブレは、考えながら戦うと面白い。
今は隼の墨丸に結構いってるんですが、奥義の使い分けで、戦闘の楽さがかなり変わってきます。

墨の特性として
近接一発・近接乱舞・ブレス・影縫い・移動速度の速さ。この辺があげられます。
これをいかに対処するかを考えながら戦うのが俺は楽しいです。

相手がブレスモーションに入る>(脳内・距離を考える>敵の固まり具合を考える>この距離ならダッシュ攻撃後に弱攻撃のコンボをすればKBして防げるな)
はい、これで行動が決まりまして、実行して、想像通り上手くいった時は[やったぜ、俺]って気分になれます(笑)

また、上記の状態でKBを確認した時に、相手の残り体力を見て[どこまで繋げてどの奥義を出すのがいいか]を考えます。
奥義3で充分と判断したら奥義3、3で足りるが距離が足りない場合は4 という感じで。

こういうのの積み重ねを考える・実行する事によってブレは楽しくなります。

一例として、一体相手してる時に、その後ろに墨が沸き、影縫いのモーションが見えたとき

[今相手してる墨は、奥義4で倒せるかギリギリの体力>奥義5なら確実>後ろの墨が影縫いのモーションに入ったが、奥義4でも間に合わない>なら一体ずつ確実に倒そう>奥義5発動>前方の墨撃破と同時に、後ろの影縫いを食らう>奥義キャンセルで移動術>攻撃が届く距離ならコンボ開始]

こんな感じです。

奥義5まで覚えた時に選択肢を考えながらやると、単調な狩りとは言えなくなると思うな。
まあ、個人的に80レベル代の奥義が少ない転職直後くらいが抜けられないと、飽きてきちゃうのかなと。

パターンは自分で作るべし 

第一回考察?系記事はこんなもので。

まあ、個人の一意見として受け止めてくださりませw
偉そうな事言ってますが、人に意見できるほど戦えてはいないでしょうし、ねw
ラテール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんなんだろうn | ホーム | 疲れた(バトン)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。